豆撰 栃尾だより

賽の神 東ケ丘 平成30年2月11日

栃尾の東ケ丘で、2月11日に行われた伝統行事「賽の神」。
雪の上に竹や藁でほこらを作り、中にご神体を祀る。大勢の住民が、古いしめ縄やお守りなどを持ってお参りに来て、新しいお守りのお札をもらって帰る。

そして豊作祈願や無病息災、家内安全を願い、目隠しされた人がほこらの周りを3回まわってほこらに火をつけます。 賽の神は目が見えなかったから、火をつける人は目隠しをするようです。

今年一年元気に過ごせますように…と、燃えた後にスルメを焼き子供たちも大人もほおばっています。

 


栃尾だよりとは、 栃尾での出来事やお祭り、行事などを紹介しています。 小さな田舎町ですが季節ごとの栃尾の様子を皆様にお伝えできればと思っています。

豆撰オンラインショップ

豆撰パンフレット

豆撰動画

おいしくいただくためのコツ

イートイン

豆撰の手作り本をつくりました

東京で食べられるお店

facebook

twitter

豆撰
〒940-0205 新潟県長岡市栄町2-8-26
TEL. 0120-05-5006   FAX. 0258-53-2177   MAIL.aburaage@mamesen.jp

Copyright (C) mamesen All Rights Reserved.