豆撰 栃尾だより

H24.04 秋葉神社の春

 

秋葉山をやさしくつつみこむ桜の木々・・秋葉神社と桜となごり雪を満喫。お天気に誘われお弁当を持った親子連れ、昼休みにお弁当をひろげ桜見物を楽しむサラリーマン。秋葉神社は大同年間に奈良から歓諦されたもので、越後一の修験道場であったと伝えられています。その後、三島郡の矢田、長岡の蔵王(現在の金峰神社)に移されました。その末社が秋葉権現で、天文20年(1551)に謙信公が開基のしるしとして常安寺に寄進したものです。  常安寺住職門察和尚に対し、「先年不慮の戦争の折には大変忠信をつくされた。それで開基のしるしとして般若院並びに法用寺分を寄進する」という寺院宛行状を与えています。現在の建物は安永5年(1776)に建てられたもので、平成8年(1996)に一部改修されました。また、奥の院は建物自体が入念で美しく、また石川雲蝶作の彫刻が見事です。春は新緑、秋は紅葉を楽しむ事が出来ます。


栃尾だよりとは、 栃尾での出来事やお祭り、行事などを紹介しています。 小さな田舎町ですが季節ごとの栃尾の様子を皆様にお伝えできればと思っています。

豆撰オンラインショップ

おいしくいただくためのコツ

豆撰動画

豆撰の手作り本をつくりました

揚げたて油揚げ食べられます

東京で食べられるお店

facebook

twitter

豆撰
〒940-0205 新潟県長岡市栄町2-8-26
TEL. 0120-05-5006   FAX. 0258-53-2177   MAIL.aburaage@mamesen.jp

Copyright (C) mamesen All Rights Reserved.