ホーム / 栃尾だより / H21.05 ギフチョウ

H21.05 ギフチョウ

2009.05.01

春の妖精、ギフチョウ。サクランボの花の蜜を吸いに来たギフチョウに出会いました。栃尾はギフチョウの幼虫のエサとなる、 コシノカンアオイがあちこちに自生しており、このような光景がよく見られます。この日は県外のマニアが訪れ、 懸命にシャッターを切っていました。この写真はそのマニアからもらった一枚です。 今年は少雪のためか飛び回るのが早いようですが、このあと、ウスバシロチョウの季節へと変わって行きます。

   

     

カテゴリー