こだわりの生搾り製法

 

 

 

 

 

頑固な職人気質

 

 

 

 

 

 

 

 

 

世の中何でも丸く収めましょうかという時代に逆らって四角く

こだわりたいものもあります。長方形の特大油揚げは昔は生搾

りで作られていました。えぐみなど余計なものは要らないから

です。

 

 

 

便利な時代がくるといつしか効率重視で煮絞りが主流となりま

した。豆撰は考えました。古来の伝統製法と頑固な品質追求は

どう両立させることができるだろう?伝統復活のためには最新

鋭の設備が必要でした。

 

 

 

その操作と仕上がりを見つめる頑固な職人たちの

まなざしは昔のままです。

 

 

 

 

 

豆乳の泡

 

 

 

生搾りされた豆乳たち。栃尾の畑で育った大豆たちは生搾りされ、

豆乳となり、豆腐に変わり、さらに油揚げに変わります。新しい自

分の可能性にわくわくする豆乳たちの気持ちが泡になりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

生搾り製法の主要キャストは豆乳ばかりではありません。

最新の技術で生み出されたおからは卯の花とも雪花菜とも

称えられる食材の名わき役です。

 

 

 

 

 

大豆のジャンプ

 

 

一晩水につけられた大豆たちは生搾りの機械に飛び込ん

で行きます。大豆の冒険の旅の始まりです。

 

 

 

 

豆乳のダンス

 

 

 

生搾り製法の決め手は搾った豆乳の純度です。豆の

皮のかすかなえぐみを除かれた純粋な豆乳だけが次

の製造過程に進みます。選ばれた豆乳たちが喜んで

踊っているようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

豆撰オンラインショップ

お試しください

豆撰のこだわり

サラメシ日記

豆撰の油揚げが買えるお店

豆撰の油揚げが食べられるお店

豆撰動画

イートイン

おいしくいただくためのコツ

揚げ体験

豆撰の手作り本をつくりました

LINEお友達追加

facebook

twitter

豆撰
〒940-0205 新潟県長岡市栄町2-8-26
TEL. 0120-05-5006   FAX. 0258-53-2177   MAIL.aburaage@mamesen.jp

Copyright (C) mamesen All Rights Reserved.